レタス苗をプラグトレーへ

今日は、パートナーズファームのメンバー3人で、レタス苗の移植作業を行いました。

 

こちらは、2月16日に植えたレタスの苗たち。左手前から”ダンシング”、”グリーンジャケット”、”サマールージュ”、”Vレタス”、”極早生シスコ”、”グリーンウェーブ”、”レッドファイヤー”という品種を植えてあります。品種によって、順調に成長しているものから、あまり芽が出ていないものまで、成長がまちまち。左手前のダンシングは、生育状況があまり好ましくなかったです。

 

 

プラグトレーの八分目ぐらいまで、土を入れ育苗箱の苗を一つずつ、手作業でトレーに入れて、土を被せます。

 

 

 

 

状態がいい苗をプラグトレーに移し、トンネルの中で10日ほどさらに育苗します。次回はポットに鉢上げする予定です。

 

この苗は、順調に成長が進めば、ゴールデンウィーク明けぐらいに出荷予定です。