桃のようなカブ

幻のサラダカブといわれる“もものすけ”。このカブの大きな特徴は、なんといっても手で皮が簡単に向けること。

8月に植えたもものすけが、収穫できる大きさになったので、試しに1つ収穫して、味見してみました。

いい感じです

収穫!

手よりも大きい!?

桃みたい

さっそく、手で皮を向いてみる。

“おぉー”

簡単に皮がむけました。ちょっと面白い。

まずそのまま、かぶりついてみる。
中心部分は桃のようにジューシーで甘みがあって、とても美味しいです。

残りは塩をつけて、おいしくいただきました。

 

 

今まで食べたカブとは全く違う味と食感で、とても美味しいカブです。

次の記事

現在の畑の様子